フォトフラッシュ

だがしあたーイエスマンの駄菓子コーナー

「なぜ駄菓子店をつくったか」という質問に、店主の富田さんは「駄菓子屋さんは子どもが自分の意志で出入りして、お金を使う初めての場所。気軽にお店に入ってもらえる。お笑いのステージもそうありたいと考えた。世代間交流にも繋がる」と答えた。(関連記事

  •  

相模原町田経済新聞VOTE

あなたが読みたい記事はなんですか?