特集

おおるりファームの有機栽培はつらいよ♪
#039 今年は楽しい年でしたか?私は楽しくありませんでした!

  •  
  •  

有機栽培に取り組む日本の農家は0.4%と、ヨーロッパ(40%以上)に較べて圧倒的に少ない。町田市小山町で、遊休農地を活用した無農薬野菜の栽培に取り組む「おおるりファーム」の青木瑠璃さんが、日々の奮闘と収穫の喜びを伝える連載コラム。

#039 今年は楽しい年でしたか?私は楽しくありませんでした!

大災害に遭われた方に比べると、不幸なことは少なかったのですが、何だかモヤモヤする年末です。楽しいか、楽しくないか?を二択で聞かれると、多分楽しくない方に入ると思います。そんなにたくさんの事を考えてどうするの?という気持ちもありますが、今の気がかりなことは、オーストラリアの高温、、高温と言っても普通ではないです、47度(日陰)のようです。山火事が大量発生しています。ロシアの北の方では氷がないため、シロクマは狩をできずにガラガラに痩せて村をうろついているそうです。

環境活動家のグレタさんは、世界の首脳の一部から馬鹿にされ、世界の女性蔑視の実態を知ることができました。競争社会において、日本の賃金は発展途上国に負けつつあるようです。どんなに頑張っても低賃金と少子化の問題はリンクしていて、解決方法は賃金を上げることだけれども、日本国家のお金の使い道は戦闘機だし。来年から高所得者を中心に介護費用は削られますね。また、要介護度が低い方の施設利用回数も削減されるようです。

今年の畑は例年にない状況がたくさんありました。農薬を使っていなかったために現在起こっていることは、史上初の秋の温暖化で大根の芽がほとんど虫に食べられてしまい、その後、撒き直した芽は台風で泥に埋まりました。キャベツ、白菜、ブロッコリーは泥に埋まらないから大丈夫でしたが。。

就農して7年、天気予報ばかり見ていることもあり、就農した時と今で劇的に気候が悪化していることは事実です。来年はもっとひどい気候になるのではないかと考えています。ここまで来てしまうと、気候変動をこれから変化しないようにするのは多分不可能でしょうから、楽しく暮らし、死ぬまでは人のお役に立ち、を来年も実行しようと思います。みなさま、年末年始も楽しく過ごせますように!

来年もよろしくお願いいたします!!

写真は、アマゾンで販売中の門松用 竹です。
******************************************************************************************
*門松用竹 アマゾンにて販売中!!HATARAKU認知症ネットワーク町田コラボ製品です
 門松を手作りしてみませんか?
*TABIKA ~この体験が旅になる~ たびか おおるりファームで検索できます
 12月の体験は「町田の森でお餅つき」です
*旬の野菜セット販売中!定期便もあります ポケットマルシェ 青木 瑠璃 で検索してください!
*アマゾンにて、野菜セット 好評販売中です!
*竹林の整備に興味がある方、認知症当事者、ご家族、引きこもりの方、ボランティアでお手伝いいただける方も募集しています。HATARAKU認知症ネットワーク町田 (090-3437-8123) FACEBOOKで検索できます。活動日をお知らせしています。基本 毎週木曜日 午前10:30~午後2:00 活動しています。ぜひご参加ください!!!
*畑の草取りなど、お手伝いいただける方を募集します!
無農薬野菜の作り方がわかります。上記電話または、ooruri-farm@bl-planet.com までお知らせください!

  • はてなブックマークに追加