見る・遊ぶ 暮らす・働く

JR町田駅で新型「E233系」公開イベント-沿線自治体のPR車両も

  •  

 2月16日にデビューするJR横浜線の新型車両「E233系」公開イベントが2月2日、町田駅と小机駅で開かれる。

 横浜線活性化プロジェクトの一環として、JR東日本の首都圏を走行する通勤型電車では初めて先頭車両の側面を鹿沼公園のD52、橋本七夕まつりなど各駅の駅スタンプで彩る同車両をお披露目する。

[広告]

 当日は、車両展示や子ども駅長制服記念撮影会のほか、車内に横浜市・町田市・相模原市・八王子市などの沿線PRコーナーを設置して、ポスターやパネル、地域特産品などを展示する。

 町田市エコキャラクター「ハスのん」、相模原市の銀河連邦ヒーロー「サガミリオン」、横浜支社のマスコットキャラクター「ハマの電チャン」、横浜市港北区キャラクター「ミズキー」などが来場者を迎える。タオルマフラー、サインボード、電車パン、記念弁当(小机駅のみ)などE233系グッズも限定販売する。

 開催時間は、小机駅=10時45分~12時(受付時間は11時50分まで)、町田駅=13時~15時(同14時40分まで)。事前申し込みは不要。当日、各駅の改札外に設置する受付で整理券を受け取り入場する。

相模原町田経済新聞VOTE

あなたが読みたい記事はなんですか?