見る・遊ぶ

法政大「箱根駅伝」2年ぶり出場、多摩キャンパスで壮行会

挨拶する佐藤和仁主将とメンバー候補

挨拶する佐藤和仁主将とメンバー候補

  •  

 法政大学多摩キャンパス(町田市相原町)で12月9日、第92回箱根駅伝に出場する体育会陸上競技部の壮行会が開かれた。

 予選会7位で2年振りの本選出場を決めた同大。初出場となるエース足羽純実選手(3年)らがシード権獲得を目指す。

[広告]

 壮行会では、本戦メンバー候補14人を紹介。佐藤和仁主将(4年)は「昨年の予選会で負けてから、シード権を取るために頑張ってきた。あと1カ月、みなさんの応援が選手一人ひとりの背中を押すので、声援をお願いします」と挨拶した。

 大学選手権に出場中の体育会ラグビー部の壮行会も併せて行われ、12月20日に相模原ギオンスタジアムで行われる中央大学戦の応援を呼びかけた。