見る・遊ぶ

町田の女子大生が制作した短編映画、フランスの映画祭で上映へ

つくばショートムービーコンペティションつくッペでグランプリを受賞した東京家政学院大学の学生(中央) ;copy東京家政学院大学

つくばショートムービーコンペティションつくッペでグランプリを受賞した東京家政学院大学の学生(中央) ;copy東京家政学院大学

  •  
  •  

 東京家政学院大学(町田市相原町)の学生が制作した短編映画「友だちのカタチ」が7月8日、フランスのグルノーブルで開かれる屋外短編映画祭で特別上映される。

 作品は、生活デザイン学科の学生7人が共同で制作。つくば市で3月に行われたショートフィルムコンテストで53作品の中からグランプリに選ばれ、副賞としてつくば市の姉妹都市であるグルノーブルの映画祭での特別上映権を与えられた。

[広告]

 「サイコパスと呼ばれる反社会的人格をテーマに、女子大生の日常の顔と少し怖い裏の顔は実体験を元に(笑)、リアルに再現した」という作品は、「ストーリーがおもしろかった」(市原健一つくば市長)、「(参加作品の中で)横綱だった」(映画監督・中村義洋さん)という高評価。

 映画祭には制作グループの学生4人が参加し、その様子をリアルタイムで日本に向けて情報発信するという。「貴重な機会をいただき、とてもありがたく思う。グルノーブルでのことや映画祭に参加して感じたことを、きちんと伝えていきたい」と学生代表の小川華香さん(生活デザイン学科4年)。

 作品は動画サイトで閲覧可能。グルノーブルからの発信情報は同大ホームページに掲載予定。

  • はてなブックマークに追加