見る・遊ぶ 暮らす・働く

長津田駅南口に複合商業施設 「駅前広場」実現に進展

ソルタス長津田の外観

ソルタス長津田の外観

  •  
  •  

 長津田駅南口に6月24日、複合商業施設「Saltus Nagatsuta(ソルタス長津田)」(横浜市緑区長津田5)がオープンする。運営管理は東京急行電鉄。

 横浜市が拡幅工事を進めている駅前ロータリーに接する同施設。延床面積は約4420平方メートル。鉄骨造5階建て。テナントは、「駅周辺の生活利便施設が不足している」という地元地権者の意向に基づき、ドラッグストア、24時間利用可能な大型トレーニングジム、クリニック、居酒屋などを誘致したという。

[広告]

 オープン初日は、東急線とイッツ・コミュニケーションズ、それぞれのキャラクターの記念撮影会や、日本酒アイドル「RICE-HEART(ライスハート)」による神奈川県の銘柄を中心とした日本酒試飲・販売会などを予定する。

 同駅南口の街づくりは約40年前、再開発事業の実施を目指すも、1998年度に事業中止。その後、駅前広場(3800平方メートル)と長津田駅南口線(140メートル)を整備するための街路事業(用地買収方式)が2001年度に都市計画決定された。南口線のアクセス道路区間(100メートル)は2008年に完成したが、用地買収の進ちょくで駅前広場の整備が進んでいなかった。

 昨年秋、ロータリーに面する八千代銀行長津田支店が従前の位置からセットバックした新店舗に移転。隣のパチンコ店は建て壊され、パチンコ店の後背地に複合商業施設が建設された。駅前広場用地になるセットバック部分は現在、タクシープールとして暫定利用されている。同街路事業の事業年度は2021年度まで。

  • はてなブックマークに追加