天気予報

16

14

みん経トピックス

町田で「婚活塾」開講JFL町田、前半戦終了

「商業可能性ランキング」で長津田駅が県内1位に-民間調査会社調べ

  • 0
「商業可能性ランキング」で長津田駅が県内1位に-民間調査会社調べ

長津田駅南口。横浜線快速と田園都市線急行が乗り入れる好立地にありながら、駅周辺の道路や宅地が狭いなどの理由により商業集積が進んでいない。

写真を拡大 地図を拡大

 施設開発に関わる調査・企画・コンサルテーション業務などを手がけるワンズ(渋谷区鶯谷町3、TEL 03-5458-7875)が先月発表した、神奈川県内の駅乗降客数上位10駅の「商業可能性ランキング」で、長津田駅が1位になった。

 同社が提供する商圏分析レポートサービス「商業ビューワー」を使った同ランキング。地域に不足していて、「こんな店があったら」と思われる業種業態を発見するとともに、同業種が集まっていて、「買い回る楽しさが生まれる」業種業態を明らかにするのが特徴。

 ランキングは、百貨店、スーパー、コンビニエンスストアなど商圏内の代表的22業種業態について、出店余力と店舗数成長性の評価を得点化し、その合計で算出した。分析対象は乗降客数順に、横浜、藤沢、川崎、武蔵小杉、溝の口、戸塚、登戸、海老名、長津田、上大岡の10駅。長津田は、JR横浜線と東急田園都市線、こどもの国線が利用可能。

 レポートによると、潜在性が高い駅立地トップ3は、1位=長津田、2位=海老名、3位=上大岡。長津田は、商圏人口の多さの割には飲食店やスポーツ・玩具・娯楽・楽器店などが不足しているという。

 同社の加茂隆社長は「都市周辺の街は軒並みオーバーストア状態。その中でも長津田は、人口規模の割には店舗数が少なく、つまり伸びしろがあって、現実的に店舗数も伸びている希少なポジションの街だと思う」と話す。

グローバルフォトニュース

最新ニュース

フォトフラッシュ

昨年の座間キャンプ「オクトーバーフェスト」では子ども向けアトラクションが充実していた(関連記事
[拡大写真]

VOTE

あなたが読みたい記事はなんですか?

アクセスランキング