暮らす・働く

小田急町田店「大型リニューアル」 一部先行オープンへ

小田急百貨店町田店2階のイメージ。並行する駅構内通路からの誘客を図るため、開放的な環境空間にするという。

小田急百貨店町田店2階のイメージ。並行する駅構内通路からの誘客を図るため、開放的な環境空間にするという。

  •  

 13年ぶりの大改装を進めている小田急百貨店町田店(町田市原町田6)は10月26日、化粧品・服飾雑貨・生活雑貨を拡充した1、2階をリニューアルオープンする。

化粧品売り場のイメージ

 1階の化粧品売場は、町田地区のミレニアル世代を意識し、スキンケアブランド中心の展開からメイクアップ系ブランドを導入。郊外店初出店「トム フォード ビューティ」など30ブランドを集めた。「都心店にも引けをとらない、多摩地区最大級のカウンター展開」(広報担当者)。

[広告]

 2階フロアは駅構内の立地特性を生かし、キャリア女性などに向けたハンドバッグ・革小物ブランドの集積と、「日々の生活で思わず買いたくなるような」生活雑貨・コスメ雑貨ショップに刷新。並行する駅構内通路からの誘客を図るため、開放的な環境空間とする。

 新規出店は、「オロビアンコ」「ケイト・スペード ニューヨーク」「ゲンテン」「フルラ」など7ブランド。生活雑貨・コスメ雑貨ゾーンの新規店は、中川政七商店のほか、文具・雑貨のセレクトショップ「スミス」、約20ブランドを展開するセミセルフ型のコスメショップ「アミューズボーテ」。

 「美意識を刺激する輝きに出会うリュクス空間」をテーマに据え、呉服・宝飾・時計売場に外商サロンを併設する4階の一部、地下食料品売場から食のセレクトショップ「久世福商店」を移設し、「生活」と「食」を連動させるという5階は10月3日に先行オープンする。

 リニューアルオープンに合わせて、地下食料品売場に「ダロワイヨ」「ファヤージュショコラ」を新規導入する。