見る・遊ぶ

相模原ライズ、パールボウル準決勝進出 若手選手が活躍

活躍したWR伊藤雅恭選手 写真提供:ノジマ相模原ライズ

活躍したWR伊藤雅恭選手 写真提供:ノジマ相模原ライズ

  •  
  •  

 パールボウルトーナメント第2戦が5月18日に行われ、ノジマ相模原ライズはオール三菱ライオンズに38対12で勝利した。観客数は1017人。

 ライズは最初の攻撃でRB吉田光輝選手がタッチダウン(TD)。終始リードする展開で、QBジミー・ロックレイ選手はランとパスで4TDをあげた。ライオンズに2本のTDを奪われたが、ポイントアフタータッチダウンのキックをDL伊倉良太選手が2本ともブロックするなど、ディフェンス陣も要所で気迫をみせた。

[広告]

 WR伊藤雅恭選手が58ヤードと18ヤードの2TDパスを含む6回のキャッチで104ヤード獲得するなど若手選手も活躍。「スタートダッシュを意識して試合に入り、それがよくできた」と須永恭通ヘッドコーチ。

 準決勝の対戦相手はIBMビッグブルー。過去3年連続して準決勝で敗れた相手について、「IBMに勝ってパールボウルに出ることが選手たちと決めた目標。今年こそは」と意気込む。

  • はてなブックマークに追加

相模原町田経済新聞VOTE

あなたが読みたい記事はなんですか?