食べる

町田産ダイコン、豊作と臨時休校で廃棄処分へ 活用策に課題も

バンブービレッジファームで収穫したダイコン。紅芯大根、源助だいこんといった固定種のみ栽培している。

バンブービレッジファームで収穫したダイコン。紅芯大根、源助だいこんといった固定種のみ栽培している。

  •  
  •  

 町田市内の自然農法農園「バンブービレッジファーム」は小学校に納入を見込んでいたダイコンを廃棄する。

 豊作のうえ、新型コロナウイルスによる臨時休校が影響した。同農園を営む竹村庄平さんは「学校給食で2年前から私の野菜を使ってもらえるようになったので、多めに栽培していた。『今年も』と期待していたが」と残念がる。

[広告]

 野菜の納品は学校の栄養士との「口約束」。栄養士から連絡がこなければ、期待していた収入は得られない。9月から栽培を始めたダイコンは地中保管して適宜出荷。現在、約2000本が残っているという。

 即売会を開くという提案もあったが、「できるだけ消費者に届けたい反面、暖冬などで傷んだり、『す』が入り始めているダイコンもあるので売りづらい。無料にすれば、適正価格で売っている農家に迷惑をかける」と竹村さん。

 「私にとって野菜づくりは子育てのようなもの。食べてもらえなかったことが精神的につらい。この機会に、『こんなことが起きている』ということを知ってもらえれば。豊作の野菜は栄養価が高くておいしい。みなさんに買い支えていただきたい」とも。