学ぶ・知る

町田で「マイナー競技」PR祭り 32種目集合、オンライン開催も

  • 103

  •  

 知る人ぞ知るスポーツ競技の魅力を発信するイベント「マイナー競技認知度爆上祭」が2月28日、町田パリオ(町田市森野1)で開かれる。

主催者代表の渡邊さん

 野球、サッカー、バスケットボールなどのメジャー競技に対して、「競技名を知らない」「存在は知っているが選手を見たことがない」「どこで活動しているか分からない」「ルールをよく知らない」「活躍してもテレビで取り上げられない」などと言われると関係者が自覚する「マイナー」な競技が集まる同イベント。

[広告]

 アスリートの情熱やひたむきさに感動しつつ、競技自体の認知度が低いために、世間に知られずに引退していく選手が多いことを残念に感じていたというスポーツトレーナーの渡邊史郎さんが企画した。「日本には、発祥やルール自体も知られていないスポーツや、カバディ、ドッジボール、ビーチテニスなどの競技で日本代表として活躍しているが、ほとんど日の目を見ないアスリートが数多くいる」と渡邊さん。

 参加競技は、アルティメット、スポーツ鬼ごっこ、ビーチテニス、スポールブール、レスリング、ネットボール、クリケット、モルック、HADO、Xball、ホッケー、SASSEN、パデル、カバディ、水球、ボート、ラクロス、女子野球、ダブルダッチ、かくれんぼ、コーフボール、クィディッチ、ハンドボール、ドッジボール、ラピッドボール、チュックボール、車椅子ソフトボール、フレスコボール、ウォーキングサッカー、ウィッフルボール、ビーチハンドボール、3×3の計32種目。

 イベントでは、日本代表クラスの選手や関係者らが伝道師(エバンジェリスト)として参加、動画や実物の用具を見せながら競技の魅力をPRするほか、全日本女子チア部とアイドルユニット「僕と僕。」が会場を盛り上げる。

 「パデルのように経済効果が期待されている競技、スポールブールのようにオリンピック正式種目が検討されている競技、HADOのようにARを用いて世界を熱狂させている日本発祥の競技など、経済や文化的観点からも楽しめる内容」と渡邊さん。

 「メジャー競技で活躍できず、『私は運動神経がない』と劣等感をもつ人がいる。実は競技の選択肢は想像以上に幅広く、試してみたら世界を目指せる才能に気づくかも。『こんな競技があったのか』の感動を楽しんでいただきたい」とも。

 開催時間は11時30分~17時。コロナ対策で来場者を分散するため3部制で実施する。参加費は2,500円(当日3,000円)。ZOOMによるオンライン参加もできる。申込みは公式ウェブサイトで受け付ける。

エリア一覧
北海道・東北
関東
東京23区
東京・多摩
中部
近畿
中国・四国
九州
海外
セレクト
動画ニュース