暮らす・働く

相模原市、市民利用施設を時短再開 「緊急事態宣言」解除で

  • 48

  •  

 相模原市は3月22日より、緊急事態宣言で休止としていた市設置施設を再開する。

 21日の緊急事態宣言の解除を受けた。利用時間は、神奈川県知事の夜間外出自粛要請を踏まえて当面の間、21時までとする。

[広告]

 再開する施設は、相模原ギオンスタジアム・サーティーフォー相模原球場・銀河アリーナ・さがみはらグリーンプールなどの運動施設、市立博物館・相模女子大学グリーンホール・相模原市民会館・相模原市民ギャラリー・アートラボはしもと・市立公文書館・相模川ふれあい科学館などの文化施設、相模川自然の村(清流の里)、上大島キャンプ場、望地弁天キャンプ場などのレクリエーション施設、ユニコムプラザさがみはらなど。

 市立図書館、相模大野図書館、橋本図書館、図書館相武台分館、視聴覚ライブラリーは23日より、貸室の再開、平日の開館時間短縮の解除を行う。公民館は23日より当面の間、日中の貸室利用を再開。生涯学習ルームは引き続き利用を休止する。

エリア一覧
北海道・東北
関東
東京23区
東京・多摩
中部
近畿
中国・四国
九州
海外
セレクト
動画ニュース