食べる

町田経済新聞、年間PV1位は「溶岩釜焼きピザのカフェレストラン」

年間PV1位「溶岩釜焼きピザのカフェレストラン」外観

年間PV1位「溶岩釜焼きピザのカフェレストラン」外観

  •  
  •  

 町田経済新聞の2010年累計PV(ページビュー)ランキング1位には、「町田のパン店がカフェレストラン出店-溶岩窯で一気に焼き上げるピザ提供」が輝いた。

 10年前にオープンした人気ベーカリー「エピソード」(町田市図師町)がパン製造技術を生かしたピザやパスタを提供するカフェレストラン。カフェスペース併設のベーカリーが増えるなか、レストランを独立開業したことが特徴となった。

[広告]

 ランキングは、今年1月1日から12月27日までを対象に「ヘッドラインニュース」のPVを集計したもの。PVベストテンは以下の通り。(カッコ内は掲載日)

1.町田のパン店が「カフェレストラン」出店-溶岩窯で一気に焼き上げるピザ提供(1/27)

2.三浦しをんさん原作「まほろ駅前多田便利軒」映画化-瑛太さんら町田でロケ(8/2)

3.相模原市内最大級のSC「アリオ橋本」、9月中旬オープンへ(8/12)

4.町田に空揚げ「ざんぎ」テークアウト専門店―北海道出身の店主が開く(7/6)

5.FC町田ゼルビア、2010「相馬監督」新体制発表-Jリーガーら12人獲得(1/16)

6.相模大野に空揚げ専門店-高級レストラン元料理長が出店、立ち飲みも(6/18)

7.「町田から東京スカイツリーが見えた!」-ツイッターで小さな話題に(9/3)

8.町田の老舗ラーメン店が「二毛作営業」-2代目がロック&スポーツバーに(1/8)

9.交通安全女子高生「マチるダ」全容明らかに-みうらじゅんさんが記者会見(4/27)

10.相模原市、米軍補給廠返還予定区域の「まちづくり計画」策定(5/13)

 2位の「まほろ駅前多田便利軒」は町田の中心市街地を舞台にした三浦しをんさんの小説を映画化した作品。主役は瑛太さんと松田龍平さんで来年4月23日公開。5位にはJリーグ昇格にあと一歩まで迫ったゼルビア相馬直樹さんの監督就任が入った。相馬さんは来季、J1川崎フロンターレ監督に就任。ゼルビアはオシムさんの弟子、ランコ・ポポヴィッチさんが指揮を執る。

 4位と6位には「空揚げ」ネタがランクイン。気軽に食べられるテークアウト店の健闘がうかがえる。7位「町田から東京スカイツリーが見えた!」のようにツイッターでPVを伸ばす記事が増えているのも今年後半の特徴。

 今年政令市に移行した相模原市では、大型ショッピングセンター「アリオ橋本」の開業、JR相模原駅前の「米軍補給廠返還予定区域のまちづくり」など大規模開発の話題がランクインした。リニア中央新幹線の駅設置や小田急多摩線の延伸検討などにより今後、町田市も巻き込みながら都市構造が大きく変化することが予想される。

  • はてなブックマークに追加

相模原町田経済新聞VOTE

あなたが読みたい記事はなんですか?