天気予報

10

3

みん経トピックス

相模原、サッカー全国大会へ物産展「さがみはら自慢」

町田ゼルビア、J2最下位で終戦-湘南に完敗

 J2最終節、FC町田ゼルビアはベルマーレ湘南に0対3で敗れ、初昇格のシーズンを最下位で終えた。JFL優勝を決めたV・ファーレン長崎がJリーグ入会審査に合格すると、ゼルビアのJFL降格が確定する。ベルマーレは3年ぶりにJ1昇格を決めた。

 明暗を分ける結果。試合終了のホイッスルが鳴ると、ゼルビアのゴール裏は静まり返り、ベルマーレ側は歓喜に湧いた。シーズン終了の式典で、ゼルビアの勝又慶典選手は泣き崩れ、言葉を発することができなかった。下川浩之社長は「厳しい1年が終わった。これから前向きにチームをつくりなおして、湘南のように最終節で勝ち点3 をとって、J1に昇格するような強いチームをつくりたい」と誓った。

 試合後の記者会見で、オズワルド・アルディレス監督は「ディフェンダーを中心に予想以上にけが人が多くて苦労した。選手は毎試合全力を尽くしたが、結果に対しては、謝らなければいけない。来年はもっと強いチームをつくって戻ってきたい」と続投に意欲を見せた。

 唐井直ゼネラルマネージャーは「サッカーのスタイルを確立するには時間がかかる。継続性が大切。アルディレス監督の(続投という)意向も踏まえ、取締役会で今後の体制を決めたい」とし、「町田はJリーグの中では規模の小さいクラブ。ただ、小さいクラブが大きいクラブに立ち向かうのが醍醐味でもある。身の丈に合った経営の中で最善を尽くした」と今シーズンを振り返った。

 下川社長は、今シーズンが黒字経営であることを明らかにし、「(JFL降格が決まった場合)1年でJ2に戻る努力をする」「町田市長には、立派なスタジアムをつくってもらったが、最下位になったことをお詫びした」などと話した。

 石阪丈一町田市長は「引き続き、ゼルビアを支援する。観客数を増やすために、もっと宣伝が必要」と話した。

 肩を落とすゼルビアの選手にサポーターは大きな温かい声援を送り続けた。

グローバルフォトニュース

最新ニュース

フォトフラッシュ

Fリーグ準優勝のペスカドーラ町田は3月22日、町田市役所を訪れ、シーズン終了報告と来シーズン優勝への意気込みを語った。
[拡大写真]

VOTE

あなたが読みたい記事はなんですか?

アクセスランキング