食べる

町田の日本酒セルフ飲み放題店、酒販事業を開始 少量生産の銘柄メインに

店主の水津さん

店主の水津さん

  •  

 日本酒60種が3,240円で飲み放題の店「日本酒ラボ」(町田市森野1、TEL 042-850-8346)内に7月、酒販店「水津酒店」がオープンした。

 日本酒ラボは2014年にオープン。リピーターが多く、満席になる日も多い。後から酒販店を立ち上げた理由について、店主の水津祐輔さんは「私が愛する銘柄を酒屋として他の飲食店に紹介する仕事がしたかった」と話す。

[広告]

 「まだ見ぬ新しい美酒に感動してもらいたい」と流通量が少なく、こだわりを感じる少量生産の酒の仕入れに力を入れるという。ラインアップは、百春、恵那山(以上、岐阜)、井乃頭、信濃鶴、豊賀(以上、長野)、忠愛(栃木)、鳴海(千葉)、笹祝(新潟)の8銘柄20種。クラフトビールは風上麦酒、TDM1874(以上、神奈川)とアメリカのIPAが6種類。

 日本酒は「フレッシュさとフルーティさに特化」した味わいの銘柄をメインに据え、ビールは浜なしやチョコレート、スパイスなどを添加した個性的な味わいの銘柄を揃える。酒は店内で飲むことができて、購入客は試飲ができる。日本酒は量り売り(180ミリリットル~)で提供する。

 日本酒ラボでは、「たくさん飲みたい」よりも「純粋に味わいたい」と1杯ずつ単品で注文する客が増え、「日本酒の楽しさを伝えることができているという手ごたえを感じている」と水津さん。「日本酒の勉強会などのイベントもやりたい。町田のメイン通りで日本酒とクラフトビールが買えて飲める店をオープンするのが夢」とも。

 営業時間は17時~23時(土曜・日曜・祝日は12時~)。火曜定休。

相模原町田経済新聞VOTE

あなたが読みたい記事はなんですか?