見る・遊ぶ 暮らす・働く

町田の里山で「アート&クラフト市」開催迫る 過去最多73組が出展

昨年の小野路やまいちの様子

昨年の小野路やまいちの様子

  •  

 町田市や近隣市で活動するアーティストの作品を展示・販売する「小野路やまいち」が4月21日、山あいの家具工房の敷地(町田市小野路)で開催される。

 江戸時代の小野路宿の歴史にちなみ、対話を通して作り手の思いが分かる「もの」や、どこでどんな風に作られたのかが分かる「もの」が売り買いできる場を目指す同イベントは今年で6回目。

[広告]

 当日は、雑木林に囲まれた会場に木工・陶芸・服飾などの「アート&クラフト」=47組、オーガニック系を中心とした飲食=26組の計73組が出展。ワークショップも多数予定する。

 広報担当者は「過去最大規模の出展者が集まった。見る・買う・食べるに加えて、『体験』という点でも、バリエーションを楽しんでいただけるのでは」と話す。

 開催時間は10時30分~16時。雨天の場合は翌22日に延期。入場無料。

相模原町田経済新聞VOTE

あなたが読みたい記事はなんですか?