見る・遊ぶ

ノジマステラ相模原、2019新体制 野田新監督「連動サッカー」目指す

ノジマステラの新加入選手と野田監督

ノジマステラの新加入選手と野田監督

  •  

 なでしこリーグ1部に所属するノジマステラ神奈川相模原は2月2日、2019シーズン新入団選手記者会見をアリオ橋本(相模原市緑区大山町1)で開いた。

新加入選手とスタッフ

 野田朱美新監督の下、9選手が加入。「優勝を十分に狙える選手が揃った。2強体制を崩したい」(山内渉代表)。今季のチームスローガンは、「ONEステラ」。優勝するために、すべての人の思いと力を「ひとつ」にするという思いを込めた。

[広告]

 ユースからトップチームを引き受けることになった野田監督は「就任を決めるときに悩んだ。長期体制が変わるときには混乱が起きることを知っている。私を信じて残ってくれた選手、加入してくれた選手、発表会に集まっていただいたみなさんの今シーズンも変わらずの愛情を感じ、今日、やりがいが見いだせた」と挨拶。

 菅野将晃前監督が掲げていた「美しいサッカー」に加えて、「トレンドの『連動するサッカー』を目指す。世界で勝つために日本人が得意とする組織力を教えることで、ひとりでも多くの日本代表を輩出できれば」とチームづくりの方向性を明らかにした。

 新加入は、GK=21森田有加里(日本体育大学)、DF=4櫻本尚子(ジェフユナイテッド市原・千葉レディース)、16大賀理紗子(日本体育大学)、23大隅沙耶(神奈川大学)、MF=9中野真奈美(AC長野パルセイロ・レディース)、11佐々木美和(マイナビベガルタ仙台レディース)、18平田ひかり(日体大FIELDS横浜)、19鈴木綾華(神奈川大学)、20松田早和(鹿児島女子高等学校)の9選手(名前の頭は背番号、カッコ内は前所属チーム)。

 新体制発表会には、日本代表候補キャンプに選ばれた大賀理紗子選手を除く8人が参加。今シーズンの意気込みや得意なプレーなどを集まったサポーターに向けて話した。チームに合流した選手らは、練習環境の良さ、練習の質の高さなどを挙げつつ、これから他選手とコミュニケーションを図っていきたいと話していた。

 キャプテンは石田みなみ選手が務め、新加入9人と継続14人の計23人でシーズンを迎える。スタッフは、コーチ=江澤慶、GKコーチ=卞太暉、トレーナー=廣政淳一、アカデミー総監督兼U18監督=原歩、U18コーチ=緑川浩平、U15監督=吉田彩香の各氏。原さんはFC町田ゼルビアレディース前コーチ。

 リーグ開幕戦は3月21日。対戦相手は2月5日に発表される。

相模原町田経済新聞VOTE

あなたが読みたい記事はなんですか?