見る・遊ぶ

町田の老舗ライブハウスが「経営危機」 クラウドファンディングで協力呼び掛け

The Play Houseのスタッフ、出演ミュージシャン

The Play Houseのスタッフ、出演ミュージシャン

  • 558

  •  

 町田のライブハウス「The Play House(プレイハウス)」(町田市中町1、TEL 042-851-8310)が4月24日、クラウドファンディングを始めた。

 プレイハウス(通称=プレハ)は1983(昭和58)年オープン。「LUNA SEA(当時はLUNACY)」「SIAM SHADE」「FAIRY FORE」「CLOSE」「SID」などのメジャーバンドや、「BINECKS」のボーカルKEITAさん、玉川大学在学中のDAIGOさんがデビュー前に拠点としていた町田を代表するライブハウス。最近ではテレビアニメ「ギヴン」の舞台にもなっている。

[広告]

 新型コロナウイルスの影響で2月末より営業自粛を余儀なくされたことで、店舗を維持する固定費の支払いも困難になった。配信ライブの投げ銭やオンライン物販のシステムを導入したが、「本来の売り上げには程遠い」と、プレハで企画制作を担う松村忠俊さん。支援を得られなければ、7月には閉店の可能性があるという。

 目標金額は500万円。集まった資金は、テナント賃料や人件費、機材維持費、クラウドファンディングの手数料などに充てる。

 松村さんは「この時世に、率先してクラウドファンディングを立ち上げることは、『自分たちさえ守れればいい』と利己的な行動に映るかもしれない。ライブハウスはコロナショックでいち早く風評的、そして経済的に打撃を受けた業界。心証の悪い方もいるかもしれない」と説明する。

 「ただ、『それぞれの大切な場所を守る』という発信が今は必要な時期だと感じている。町田には素晴らしい店がたくさんある。そういった場所が失われていかないように、共に頑張っていきたい。ミュージシャンも苦しい時期だが、力添えを頂いた。店を存続し必ず恩返しをしたい」と協力を呼び掛ける。