学ぶ・知る

相模原で「はやぶさWEEK」スタート デザインマンホール・はやぶさ体操の披露も

はやぶさ体操

はやぶさ体操

  • 19

  •  

 はやぶさ帰還を記念する「はやぶさWEEK」がスタートし、淵野辺駅前で6月5日、オープニングイベントが開かれた。

はやぶさ2プロジェクト成功記念マンホール

 今年は「はやぶさ」帰還から10年、さらに昨年末の「はやぶさ2」プロジェクト成功も合わせて、例年より多くの企画を盛り込んだ。

[広告]

 オープニングイベントでは、地元商店会が商品開発したはやぶさグルメやグッズ、帰還記念デザインマンホール蓋などを紹介。はやぶさ体操を考案した日本初のチアリーダー浅井直湖さんは、相模原市長や声優の畠中祐さん、日本宇宙少年団のメンバーらとともに3分間の短縮バージョンを披露。

 ロケット打ち上げから、スイングバイ、リュウグウ到着までを表現する振り付けに、司会のMIKAさんは浅井さんの宇宙愛に驚きつつ、「繰り返す部分がほとんどない」「浅井さんのMCがないと成り立たない」などと突っ込んでいた。

 「はやぶさの日」の6月13日まで、オープニングイベントの模様、元「はやぶさ」プロジェクトマネージャ川口淳一郎さんや「はやぶさ2」プロジェクトマネージャ津田雄一さんのリレー講座を動画配信するほか、はやぶさ給食の提供、「宇宙とつながるさがみはらスイーツ」の店舗販売、市立博物館でのプラネタリム上映、「宇宙服さがみん」ミニぬいぐるみ進呈キャンペーンなどを実施予定。イベントの詳細は、はやぶさWEEK特設ページに掲載する。

エリア一覧
北海道・東北
関東
東京23区
東京・多摩
中部
近畿
中国・四国
九州
海外
セレクト
動画ニュース