天気予報

29

19

みん経トピックス

J2町田、群馬に勝利町田でゆかたショー

SC相模原、鳥取と引き分け ホーム無敗記録「6」に更新

SC相模原、鳥取と引き分け ホーム無敗記録「6」に更新

試合後、疲れきった様子でサポーターに挨拶するSC相模原の選手

写真を拡大 地図を拡大

 J3リーグ第16節が7月9日、相模原ギオンスタジアムで行われ、SC相模原はガイナーレ鳥取と1対1で引き分けた。観客数は3106人。

 4勝6分4敗、得失点差-1、17位中9位の「中位」でシーズン前半の終盤を終えた相模原。1試合あたりの得点0.61は最下位Y.S.C.C.横浜と同じ。勝ちきれない試合が多く、連勝はゼロ。今月5日にはFW岩田拓也選手(ザスパクサツ群馬)を育成型期限付き移籍で獲得し、攻撃面を補強している。

 試合は序盤、風上の鳥取に攻め込まれるも、相手のミスをきっかけに主導権を握る。FW久保裕一選手とMF麦倉捺木がそれぞれ、いい形でシュートを放つも枠を捉えることができない。鳥取の岩元颯オリビエ選手にロングシュートを決められ、1点ビハインドで試合を折り返す。

 後半開始直後、FWジョン・ガブリエル選手が前節の負傷の影響でベンチに退く。急きょ出番が回ってきた岩田選手がいきなり結果を出す。麦倉選手のクロスボールに逆サイドからフリーで走り込み、右足でネットを揺らす。30度を超える気温のなかでの消耗戦。試合終了とともに選手はぐったりとピッチに膝を付けた。

 相模原は順位を1つ落としたが、ホーム無敗記録を「6」に伸ばした。試合後、安永聡太郎監督は「勝てるゲームだった。チャンスを決めきれないことが、勝ち点が伸びない要因。ゴール前で足を振るという思い切りの良さを出すためのトレーニングに特化できる段階に来た」とチームづくりの手応えを見せた。

 次のホームゲームは7月16日、鹿児島ユナイテッドFCと対戦する。

グローバルフォトニュース

最新ニュース

フォトフラッシュ

J2リーグ第33節、FC町田ゼルビアはモンテディオ山形と0対0で引き分けた。古巣との対戦でフル出場したFW中島祐希選手(右)
[拡大写真]

VOTE

あなたが読みたい記事はなんですか?

アクセスランキング